サーバー選択画面

【メイプルストーリー】さて、少しだけ昔話をしましょうか。

更新日:

と、その前に一つだけ。

こちらのツイート。

RTやいいねを沢山いただきました。

皆様、本当にありがとうございます。

おかげさまでアクセスが
爆発しておりまして、
本当にびっくりしています。

ツイートを投稿した時点ではフォロワーさんがいなかったので、
ここまで見られると思っていませんでした。

正直暫くの間は誰の目にも
止まらないと思っていたので、、、

リプライもいくつか頂き・・・

嬉しい限りです。

それだけメイプルストーリーMの
期待値が高いということなのかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

モンスター

 

 

さて・・・
今日は少し昔話でもしようかなぁと。

 

 

 

 

・・・ん?

誰もそんなもの求めてないって?

 

 

いやいや、いいじゃないか。

 

 

・・・なんというかさ。

メイプルストーリーがなくなるわけではないんだけどね。

なにかこう、、
楽しみとともに言い表しがたい寂しさもあるわけで。

ゆえに振り返ってみようかなって。

 

 

なに??

早くコンテンツを作れ???

 

 

ええい、うるさい。

ぶっちゃけメイプルストーリーMの公式が
情報を出さない限り作りようがないんだ。

スタートせずして詰んでいるわけだよ我々は。

まぁそうカッカしないでくれ。
しっかり準備は進めてるから。

 

 

・・・よし。

話を始めましょうか。

気が付けばメイプルストーリー、
15周年イベントを終え、16年目に突入したようで。

全然知らなかったんですが、
キャラクター作成日なんて見れるようになったんですね。

このツイートに画像を貼ったんですが、
キャラ作成日がなんと2004年でした。

今から15年くらい前か、、、
もうそんな昔のことなのね。

そりゃあ歳も取るわけだ・・・

 

 

で、実はこのキャラクター。
初めて作ったものではありません。

3キャラ目くらいだったかな。

1キャラ目が酷いのなんのって。

 

 

 

 

・・・ん?見せろ?

 

 

しょうがないなぁ・・・。

ほら、これだ。

 

 

 

 

ゴットの右手

 

 

 

 


_人人人人人人人人_
> ゴットの右手 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

いや、言いたいことはわかる、
それ以上言わなくても大丈夫だ。

いくらなんでも
突っ込みどころが多すぎる。

ほっといてくれ・・・。

 

 

いやね・・・?
小学生だったし・・・?

 

 

気を取り直して・・・

 

 

そしてここから私の
メイプルストーリーは始まりました。

本当に今まで色々あった。

 

 

初めてのオンラインゲーム。

友達が出来た。

ゲームの中で人と会話が出来た。

憧れの人が出来た。

ルールを破りたがる人間にも出会った。

詐欺もされた。横ギルなんかも経験した。

合コンもした。(頑張ってかっこつけた)

好きな子も出来た。(ネカマだった)

結婚までした。(ネカマだった)

睡眠時間は奪われ・・・

少ないお小遣いも費やし。

・・・青春までも奪い去っていった。

 

 

ん・・・?
悪いことだらけなk

 

 

まぁなにはともあれ、
私自身メイプルストーリーから
沢山のことを学びました。

わりと皆さんもそうでは?

 

 

確か・・・
ゲームを始めたその日。

私たちはわけもわからぬまま
ヘネシスに辿り着きました。

そしたらタクシーの前にあいつがいたんですよ。

 

 

当時最強格のジュニアバルログが。

ジュニアバルログ
※コイツ

 

 

多分包みを開けた人がいたんですよね。

それはもう酷い状況でした。

当時ってまだ2次職しかなくて、
隠れ道のママシュでさえ討伐に
めちゃくちゃ時間がかかってたんですよ。

そんな時代でしたからね。

ヘネタク前は阿鼻叫喚。

墓祭り。

記憶が薄れてるけど、
確か討伐に1日以上かかってました。

 

 

・・・懐かしいなぁ。

 

 

 

 

あくる日・・・

初心者だった私たちはオルビスにいました。

が、まさかのメル不足で片道切符。

メルを稼ごうにもどこにいっても敵が強すぎる・・・

完全にオルビスで詰んでいました。

船でのクリムゾンバルログの襲撃に
怯えながら必死に来たというのに。

売るアイテムもなければ、
自力でメルも集められない。

これを詰みと言わずしてなんというのか。

諦めた私たちは椅子に座ってチャットをしていました。

 

 

すると戦士の方が通りかかり・・・
無言でメル袋を落としてくれました。

ありがたく頂戴することに。

 

 

・・・中身はまさかの5万メル。

当時の私たちからすると超高額。

というかあの時代の5万メルって相当でした。

まぁ帰らずに装備買いまくって一瞬で散財したけどね。

 

 

嬉しかったなぁ・・・

あの人は今なにをしているのだろう。

もうおじさんになっちゃったかな?(笑)

心がほっこりした話でした。

 

 

 

 

そして直後に3次職実装。

始めたての頃、
強い人に憧れるんですよね。

スキルとかね。

初めてヘイスト貰った時は衝撃でしかなかった。

なんだあの素早い動きは。
ジャンプ力は。

FJとかシャドパとか
めちゃくちゃ憧れました。

アローレインも衝撃的だったな。

あとはDKのドラゴンロアとか?

唯一の画面全体攻撃じゃなかったっけ?

違ったらごめんなさい。

 

 

ゴットの右手は戦士だったんですが、
その頃の私は材前ゴウさんの影響もあり、
盗賊に惚れてしまいました。

で、結果的に前城リクとして
使っているキャラを作ったんですよね。

 

 

まぁ・・・

その後3次転職できたのは
2、3年後くらいでしたけどね(笑)

 

 

 

 

さて、メイプルストーリーMは
ユーザーにどんな素敵な体験をさせてくれるのでしょう。

MMOは運営だけじゃなく、
ユーザーの質でもゲームの雰囲気が変わります。

 

 

おそらくまた小中学生も増えるでしょう。

私はあの時のように純粋ではありませんが、
次はそんな彼らに素敵な思い出を作ってあげる番なのかな。

そんなことを考える今日この頃でした。

 

 

・・・ん?
なになに?

懐古厨やめろ???

 

 

思い出を語ることのなにが悪いのか。

懐古厨でもいいじゃないか。

むしろ懐かしいことをガンガン語って
昔の友達を引き寄せるのもいいと思う。

 

 

 

 

だって僕らには
新しい思い出を作るための
新たな物語が待っているんだから。

 

 

おわり。

Copyright© M Style , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.